スマイルファミリー 仕事・子育て・人間関係の悩み、相談 スリーインワン・コンセプツ®
心と体のトータルサポート-smile family-スマイルファミリー TEL0422-70-3718
  • HOME
  • セッション予約
  • 地図
  • サロン
  • ファシリテーター
  • お問い合せ
セッション予約

個人セッションについて
セッションの流れ
セッションのテーマ例
セッション体験談
セッション予約申込み
スリーインワン
テクニック

フラワーエッセンス
セッション
セッション予約申込み
子育て相談会
体験会
お茶会

フラワーエッセンス
月経美人

インフォメーション
サロン紹介
ファシリテーター紹介
地図
リンク
お問い合わせ

スタッフの気ままブログ
スリーインワン・コンセプツ セッション 体験談
タバコ止めました
I,Yさま 女性 30代(セッション+トレーニングクラス受講者)

という事で、突然ですがタバコ止めました。
禁煙ではありません。禁じて苦しんでません。欲しいと思わなくなったのです。
ミラクルです。ラッキーです。
何度となく今まで禁煙し、玉砕を繰り返しましたが「吸わない人」になれたのは始めてですし、もう一生涯吸わないな、と、確信しています。
現在子育て主婦中ですが、元々はダンサー、ライヴパフォーマーです。
舞台でスポットライトを浴びまくって緊張感200%の生の瞬間を無事に終えた後のイップクが何よりの至福でした。
稽古を始める前に気合いのイップク、寝起きにコーヒーと共に微睡むイップク、タバコってなんて素敵で、なんて有難いモノだろうとスモーカーライフにどっぷり浸かっていました。
何度が世間の流れや気まぐれで禁煙しても、続かず「やっぱり私にはタバコよ!最高の恋人、しかも裏切らない!」と、振り出しに戻ってしまっていました。
けれども本当の本当の自分(スリーインワン的に言うと本質)の私は実はタバコを嫌っていました。
吸わない人が羨ましかった。禁煙席が羨ましかった。仲間入りしたかった。
どんどんスモーカーにとって不便になる世の中、どうなるの?って心の底では焦ってもいました。
でも「止める」という勇気が無かったんだと思います。
本当の自分自身と直面するのが怖くて無視し続けてきたのです。
世の中のニコチンに対する情報も怖かったのです。
「本当に止めたらどうなるんだろう、禁断症状とか、離脱とか起こるの?」激太りとか、イライラして人に当たったりしたらどうしよう、性格が変わったらどうしよう、吸わない自分何て想像出来ない、本番前にニコチンで緊張を逃していたのに、、、等々ネガティブな不安ばかりでした。逃げてました。
時が訪れたのはスリーインワントレーニングコースレベル4に差し掛かった頃でした。
それまでも、薫さんにセッションして頂いたり、クラスで何度となく自分の過去や潜在意識や身体の声と向き合う様になって(スリーインワンに出会って)およそ一年が経とうとしていた頃です。
気づかなくても少しずつ本質に歩み寄り始めていたのだと思います。
「敵対刺激」項目から「ポジティブな栄養補給」の辺りにフラワーエッセンスを読む宿題が出ました。
シンボルの宿題と共にどんなに僅かでも変化が欲しくて一生懸命守りました。
そしたら4日め辺りに突然タバコが錆びの様な突き刺す様な味がして「うーん、不味い、止めよっかな」と、突然閃いたのです。
一切止める計画はたてていませんでしたがクラス中にも薫さんがさらりと「Yさん、タバコ止められたらよいわね、」と、言っていたのがメッセージ力として潜在意識のツボに入っていたのかもしれません。
そして不味さと戦いながらも勿体無いので最後の残り一本まで供養の様に堪能し、「終了、私の中でタバコは死んだ、もう別世界の関係無いモノ」とさっぱりとケリがついてしまいました。
翌日から3日間位たまに吸いたい様なマヤカシに囚われましたが、今振り返ると禁断症状やこれといった苦しみはたいして無かったですし、喜びと、沢山の自由時間がびっくりする程増えました。
そうです。解放が起こったのです。
タバコを吸うために日々の暮らしは全て帳尻を合わせていたのにそれをしなくて良い!何という自由、もっと早くからこれに気がついていたら!と、新たな人物にリニューアルした気分です。
そして小さな娘に悪くてなかなかハグが出来なかったのに、今では何の罪悪感も無くハグし放題です。
自分自身が解き放たれたので視界がクリアになって色々な真実が見える様になりました。
今までの100倍娘が可愛く見えるのも不思議で、オマケに夫まで真似してタバコを止めてしまいました。
(夫はスリーインワンをやっていないので苦しんで止めてました。努力根性で禁煙する人達は大変だと間近で見せていただきました)
家族で散歩していても、ニコチンが切れると「灰皿は何処?」とか「人が居ない場所は無いかしら?」と、吸える場所を探すのにも一苦労な東京、「アナタ先に吸って来て」「じゃあ次は私、娘を宜しくね」などとお互いに預け合って小さな娘に気を使い、街の人々にも気を使い、罪悪感と焦りたっぷりのお出かけ、、、何とおバカさんだったの、と、今では恥ずかしい思い出です。
こんなにゆったり時は流れ、街をプラプラと家族でお散歩するだけでも最高に癒されるのだと気付けたのはノンスモーカーになったからです。
それまで何が幸福かもわからずに私は私自身とズレていました。
まだまだ書きたい事は沢山ありますが、いつかタバコについてや他の依存性について本が書きたい位です。苦しんでいる皆さんに伝えたいです。
ファシリテーターになった暁には禁煙やその他今まで自分が苦しんで来た依存症についてを得意分野にして沢山の人達を解放出来る様になれたら嬉しいです。
スリーインワンはやっぱり凄いな、要らないモノは「玉ねぎの皮を剥く様に」どんどん棄ててシンプルに、キレイになって行く、そしてそのスペースに新たなポジティブな物を注入出来る。。。
これから又どんな解放ドラマが起こるのだろう、とドキドキします。

 


Copyright(C) 2005 SmileFamily Co.,Ltd. All rights reserved